スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |
ホワイトデーの話
昨日はホワイトデー。

仕事のキリが悪くて、帰宅したのが日付が変わるぎりぎりだった彼氏から、お菓子をもらった♪

チョコチップパイ。

お返しでパイってどんな意味だったっけ?両想いはマシュマロ??なんて古い話を持ち出しつつ、内心ほっとした(もしかしたらもらえないかと思っていたのだ)と同時に、心底うれしかったりして。

にやつくのを抑えていたので、きっと機嫌が悪そうに見えたに違いない。
-----
通常のプレゼント(誕生日とか)の場合、別に見返りは求めないのだけれど・・・、バレンタインデー/ホワイトデーというイベントの特色のせいか、気づくと「もらえて当然だよね?もらえなかったらよっぽど危機的な状況じゃないのかな」と思ってしまう。

もともとプレゼントというのは選ぶ段階から渡した後のアフターケアも含めて全て、実際のプレゼントにプラスしてそれらのこもった気持ちや労力も含めて渡されるものだと思う。どんなプレゼントだと喜ぶか検討したり、相手の負担にならない程度のものを選んだり。

でも、「これだけしたんだからきっちり返してよね?」という思いだけは一緒に載せてはいけないと思うのだ。それでは自分のための投資になってしまう。

なので、お返しプレゼントというのは非常に違和感がある(クリスマスみたいにそれぞれが用意して交換・・・みたいのの方がまだしっくりくる)。

のだけれど。その一方で、ホワイトデーの場合、「気持ちに形でこたえる」日なだけに、どうでもいい義理ならまだしも彼氏が相手だと「もらえなかったらどうすっかな~」と不安になってまごまごしてみたりする。

ああ、矛盾。

来年からはお互いバレンタインに気持ちを込めることにするのもいいかもな(笑)。


私と彼氏とミニラは母からチョコを貰っていたので、アレンジフラワー(ケーキみたいなやつ)をお返しに送った。母はそういう形のアレンジフラワーを初めて見たらしく、「かわいいね~本当にケーキみたい!」と大喜びだった。


もしプレゼントでお返しを貰うなら・・・こういう、喜びの気持ちがいいよね。気持ちで伝える方が難しいのだけれど・・・だからこそ、ダイレクトに伝わってきた時の喜びもひとしおだ。

応援お願いします☆(ランキング投票です) Please click!!
にほんブログ村 家族ブログへ


スポンサーサイト
【2008/03/15 16:12】 恋愛のこと | TB(0) | CM(0) |
<<久しぶりの映画 | Home | 【marcielo】spring - NANOHANA>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://loveflare.blog25.fc2.com/tb.php/142-e75029a1
| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。