スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |
"ふたり"の距離
"ひとり"の時間を作るより、
"ふたり"の時間を作る方が難しい。

お互いが忙しいのならなおさらだ。

広末涼子さんの離婚のニュースを見た時、「すげーわかる・・・」という感想を持った。

子供の父として、母としての交流なら出来る。友達として、相談相手としての交流は出来る。けれど、環境や考え方などがすれ違った結果、「カップル」という形で続けるのは難しい・・・。

そして思う。「熟年離婚が増えた理由の1つって、きちんと"ふたり"の時間をとってこなかったツケだよね?」

取れる時間の長さも、2人の間の距離も、感じ方は人それぞれだから「どの距離が正解」というのはないのだけれど・・・2人が納得する距離って、難しいな。でもあきらめたらそこで終わるんだろう。

今回お借りした写真素材のサイトはコチラ → プロカメラマン撮影の無料写真素材・フリー画像素材のリンクスタイル
-----
会社から徒歩数分のアピタ・・・昼食などを購入がてら、フードコートでご飯を食べる機会も多い。場所がオフィス街近くなので、おそらく近くで働いているのであろうサラリーマンもたくさん見かける。

たまに見かけるカップル・・・男の人の方はどこかで見たことがある。前に現場で働いていた時の客先の社員だ。同じプロジェクトではなかったのだけれど、傍から見る分には人当たりがよくてやわらかい印象のある方だった。外見は長身、筋肉質、痩せ型、色黒。結構なナイスガイである。2人とも左手の薬指に指輪をしていたから、きっと夫婦なのだろう。

同じ職場で違うオフィス(いわゆる社内結婚)なのか、お互い近くで働いているのかはわからないが、待ち合わせたようにそれぞれお弁当を持って現れる。旦那さんは透明なタッパ、奥さんはピンクのタッパに、同じものだと思われる混ぜご飯が入っていて、楽しそうに会話をしながら食べていた(旦那さんの方は足りなかったのか、すがきやでラーメンを頼んでいた)。1本のペットボトルには家で作ってきたお茶が入っていて、2人で分かち合って飲む。

素敵な生活感だな、と思った。

(たまたま前職で関わっているので知っているのだが)旦那さんの方は確実に仕事が忙しい。毎日毎日帰りは深夜になる。休日返上で働くことも少なくない。前に聞いた話だとお子さんも居るはず・・・。

推測でしかないのだけれど、きっと2人の時間を作るという努力なのだろう。もしかしたら、「一緒に居たいから」自然と待ち合わせるようになったのかもしれないけれど、それはそれでラブラブで結構なことだ。


いろんなブログを読んでいると、極端な話だが「食事時以外はそれぞれ自分の部屋で過ごす」なんて「そこは下宿?」と聞きたくなるような夫婦もいる。いつでもくっついていて幸せな夫婦もいる。でもその双方とも、(読む限りは)その関係で納得がいっているようなので、それはそれでいいと思う。実際には片方もしくは両方が不満を抱えているケースが少なくない気はするが・・・。

自戒の意味も含めて・・・相互努力を忘れずに。

応援お願いします☆(ランキング投票です) Please click!!
FC2 Blog Rankingへ

スポンサーサイト
【2008/03/18 15:37】 恋愛のこと | TB(0) | CM(2) |
<<Be yourself | Home | 子供の目線>>
comments
--こんにちわ♪--
本の情報ありがとうございました。
お返事は私のブログの方に書いてありますので(こっちにすれば良かった…すみません)お手隙の時にでも遊びに来てください。
ではでは…v-22
【2008/03/19 14:23】 URL | ママコディーテ #-[ Edit] |
----
ママコディーテさん >
コメントありがとうございます♪
お返事も拝見させていただきました~。
もう1つの方も解決したようでよかったよかった!

普段はただの傍観者としてブログを転々とすることが多いのですが、ついつい書き込んでしまいました・・・(^-^)

よかったらまた遊びに来てください♪
【2008/03/19 16:09】 URL | あづま #mPzXc2zk[ Edit] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://loveflare.blog25.fc2.com/tb.php/148-0f7b95fb
| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。