スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |
いってみよう!を大切に


昨日はミニラの通院があって会社をお休み。

通院といっても1日中かかるものではないので、昼からはレッツおでかけ♪

もうそろそろ街中の桜は満開を通り越して散り始めに移行している・・・撮るならまだ間に合う!ってことで、桜まつり開催中の愛知県豊田市の水源公園へ。

桜堪能後は遊歩道へ。探検気分で「いってみよう!」と叫ぶミニラの後をついていく。

「ちゃんと前見てね、転んじゃうよ~!!」私もよく母に言われたセリフだ。
-----
ミニラの活動範囲はどんどん拡大中。「ちょっといってくるわ」と言いながら、目の届かないところまで離れるようになった。身体が大きいとはいえまだ2歳・・・大丈夫か?と不安になるけれど、これも成長の過程と割り切って追わない。ある程度の距離は確保しつつ、目で追いかける。目で探す。

車通りがあるところや店内などでは走り回ると制止するが、公園位は好きなように歩かせてあげたい。

周囲から「ちゃんと面倒見ろよっ」って目で見られることもある。「この子迷子?」と気遣って声をかけてくださる方もいる。ミニラの手を引いて一緒にママを探してくださる方もいる(これが一番困る・・・居るはずの場所から姿を消すので焦る)。でも、開き直る訳じゃないけれど、子供はいつまでも親の傍にはいないもんだ。少しずつ「敢えて親の目から届かないように」行動範囲を広げていく。「親の目のつかない所に行く」・・・それがどういうことなのか。荒治療かもしれないけれど、「離れたら迷子になる」ことも体感させないと、口で言ってもその怖さはリアルには伝わらないと思うのだ。

今のご時世、恐ろしい事件も多いから、傍に置いておけばとりあえず安全・・・なのだろうけど、それは子供にとっては苦痛でしかない。そういう恐ろしい話は置いておいて・・・もしかしたら転ぶかもしれないし、どこか擦ったり切ったりぶつけたりしてくるかもしれないけど、(自分自身が経験してきたように)そうやっていろいろ学習していくものなので、全部「危ないから」と機会を取り上げたら、いつまでもできるようにならない・・・と思う。行ったり来たりも、同じことの繰り返しも、思うようにいかないことも、そのすべてが貴重な経験。

どこまで手を出さないか、のさじ加減は・・・難しいんだなぁ、これが。親にとっても、貴重な経験だ。

応援お願いします☆(ランキング投票です) Please click!!
にほんブログ村 家族ブログへ


スポンサーサイト
【2008/04/04 05:14】 子供のこと | TB(0) | CM(0) |
<<入園式 | Home | うさぎ組のはずが・・・ぺぺぺぺんぎん!?>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://loveflare.blog25.fc2.com/tb.php/163-a484f6d4
| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。