スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |
コーヒーの木
071116_1.jpg

今年の夏の終わりに、我が家にやってきたコーヒーの木。

去年の夏に地元へ長期帰省した時に売りに出ていたのを見て、ものすごく惹かれたのだけれど、愛知に持って帰れる自信が無かったので、戻ってきてから探したらもう時期はずれだった・・・という経緯があって、念願の子!として可愛がっている。
-----
園芸店で1つの苗を選び、それにあう鉢を選ぼうと思ったら・・・気に入った鉢が楕円形で苗1つだと寂しく感じたので、もう1苗追加した。それぞれに神酒(ソーマ)と甘露(アムリタ)という名前をつけて、できるだけ毎日葉水をあげるよう心掛けている(水遣り自体はもう冬支度に入りかなり少なめ)。

コーヒーの木の育て方は、サイトで検索したら山ほど出てくるのでそれを参考にした。あとはよく見るガーデニングサイトなんかの観葉植物の育て方とかで見かける中から、自分に好ましい方法なんかを組み合わせて育てている。・・・といっても難しいことは何もなく、単純に「葉水は多めで、水遣りは少なめで」だけなのだが。

購入後少し経ってから、明らかにそれまでよりもずっとずっと濃い色の葉が出るようになった。しかも葉のサイズも大きい・・・。葉自体の生命力にも差があったようで、はじめからついていた葉は初秋の日差しにも耐え切れず葉の先から枯れていくものが多かった。冬支度を始めた現在、最初の頃の葉はもうほとんど落ちていて、うちの子になってから生えてきた葉が木の上の方で我先に日光を浴びようと言わんばかりに生い茂っている。


つい先日気づいたことなのだけれど、2苗だと思っていたコーヒーの木は、実は1苗に3本ずつ植えられていた。そう、実はうちの子は神酒3本甘露3本という大所帯だったのだ。3本が1箇所にまとめて植えられている為、日光争奪戦が繰り広げられていたのであった・・・。もう植え替えをするには寒すぎるので、がんばって今のまま越冬してもらって・・・出来れば1人の脱落者もなく、来春に植え替えが出来ることを心から期待している。

数年も経てばきれいな花・・・そして可愛い実をつけるという。自分が育てたコーヒーはさぞかし美味だろうなぁ。まだまだ先の話だけれど・・・夢は膨らむばかりだ。

↓↓↓応援お願いします☆(ランキング投票です) Please click!!
ブログランキング・にほんブログ村へぶろぐひろばへFC2 Blog Rankingへブログ王ランキングへ
スポンサーサイト
【2007/11/16 10:23】 ひとりごと | TB(0) | CM(0) |
<<【レシピ付】さんまの甘辛煮 | Home | 松鶴園 茶房 茶遊 (愛知県西尾市)>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://loveflare.blog25.fc2.com/tb.php/17-006d37fe
| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。