スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |
3歳児検診
ミニラ、3歳1か月に3歳児検診受診。

身長97.2cm、体重16.0kg。

要治療の虫歯あり(かかりつけ医にて経過観察中)。

発育良好。


・・・こういう書き方をすると、まるでメモのようだ。
-----
1歳6カ月検診に比べると検査内容が多岐にわたっていて、成長を感じるとともに「もし障害があったらここで兆候を見つけておかないと治療が遅れるんだ」と実感する。

しかし検診前に自宅で検査する視力と聴力には手を焼いた。

視力検査は視力検査で使う「1か所穴があいた円」の紙を見せて、穴があいている方向を子供に答えさせるもの。聴力検査は親が「ひそひそ声」で発した単語と同じ絵を子供に指差させるもの。3歳児に検査の趣旨を理解しろという方が難しいので、上手に遊べるかどうかがポイントなのだが・・・上手にはできなかった~。どうやら見えてるっぽい?聞こえてるっぽい?くらいにしか判別できず。個別懇談時に保健センターの職員さんが上手にミニラを誘導しているのを見て、「プロだ・・・!」と感動したりもした。

尿検査はトイレトレーニングの甲斐もあってか、難なく採尿。検査結果も異常なし。去年までは袋型のシートをおまたに貼っての採尿だったので、それに比べれば楽ちん♪まだおむつは外れていないけど、目標は今年の夏!トイレでうんちができるかが難関だな・・・地道に頑張ろう。

個別懇談時の言語能力テスト?には目を見張った。名前を聞かれたらちゃんと答え、年を聞かれたら両手の指を3本きっちり提示。まる・さんかく・しかくの区別、赤・黄色・青の区別、物の大きさ「どっちがおおきい?」もクリア。保健センターの職員さんに褒められて、ミニラ絶好調♪もしかして本番に強い?でもこれは保育園に通っている子なら大抵ができることのような気もする(本番で成功するかは別として)。

検査という形でミニラができることを見ると、集団生活で教わっていることの多さを実感する。もし私が専業主婦で母親のみの育児をしていて、子供がちゃんと発育の目安に合わせて覚えていけるかどうかの自信はない。その気持ちをそのまま「保育園の先生の教えの賜物です」と言ったら、「いやいや、お母さんの努力の賜物ですよ~」と返されてしまったけれど。


検診受付時に母子手帳(私の苗字が変わりまくっているので修正テープばりばり~。元旦那の名前も消しちゃったしな)を提示したら、受付の職員さんは何を読み違えたのかミニラに対し「あづまちゃん」と連呼。それは私の名です・・・。この年で子供言葉を使われるとさすがに恥ずかしい。職員さんも最後に気づいて平謝りしつつ恥ずかしそうにしていた。やっぱり恥ずかしいよね(笑)。

応援お願いします☆(ランキング投票です) Please click!!
にほんブログ村 家族ブログへ


スポンサーサイト
【2008/05/12 00:29】 子供のこと | TB(0) | CM(0) |
<<コーヒーの木の植え替え | Home | やんばいです!>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://loveflare.blog25.fc2.com/tb.php/201-814cf38b
| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。