スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |
兄妹じゃなく


石けんを作っていると、楽しい。
化粧品を作っていると、楽しい。
写真を撮っていると、楽しい。
ドライブしていると、楽しい。
レタッチしていると、楽しい。
お風呂でゆっくりしていると、楽しい。
料理を作っていると、楽しい。

エトセトラ、エトセトラ。

「楽しい」ことが増えていくと、時間がどんどん足りなくなる。
その「楽しい」ことが、ひとりでできることなら、なおのこと。

時折、自問する。

「寂しい」を別の「楽しい」で埋めていませんか?、と。

きっと、ひとりあそびがへたっぴなんだろうな。
-----

なんとなく空回り
すれ違いは増えていく一方
交わす会話も 仕事の話ばっか
これじゃまるでキョウダイ
それはちょっとした問題?
ときめいてばかりもいられないけれど

♪みぞれ雪/ゆず    


確かに、ときめいてばかりもいられないけれど。

でもときめきが欲しい。

家族に近づけば近づくほど。


自分が作る「家庭」に対する想いみたいなものは、距離に比例して態度に表れる気がする。

我が家を例にすると、私は、ずっと夫婦がラブラブある状態でいたい。彼氏は、離れていても大丈夫・・・な安定感が欲しい様に見える。私が推測するに、私たちの間で細かいいさかいが絶えない理由の一つが、この根本の「望む形」の相違だ。そしていつも口火を切るのは私。それは「もっと構って」だったり「本当に今も愛してるの?」だったり。揉めている内になんとなく下火になって元の鞘に収まったように見えても、根本が解決していないので繰り返す。

自分が「子供」として参加する家庭の場合は、別に大して気にも留めないことが、いざ自分が家庭を作るとなると、引っかかってしょうがない。親兄弟だったら多少帰りが遅くても「遅いな~」で済むことが、パートナーとなると眠れない程に神経を高ぶらせるし、親兄弟だったら別にどこで誰と遊んでいようが(一線を越えなきゃ)構わないけれど、パートナーとなると「もっと私のことも構って!」とやきもち焼きになる。

もしパートナーに対する気持ちと、親兄弟に対する気持ちが同じようになったら・・・きっと、楽だろうな。色んな心の揺れがなくなるし、自分の時間は自分のために使えばいい。どこで誰と遊ぼうが、自分の自由だ。でもきっと、私はそんな家庭に魅力を感じられない。パートナーとの子供を授かりたいと思うこともないだろう。

依存はお互いにとって負担。だからといって独立すると、関係が成り立たなくなる。


我が家の場合、半同棲とはいえ仕事の都合などで一緒にいない時間が多い。一人の時間を上手に使えなければ、それは「さみしさ」として彼氏にぶつかることになる。事実、そういう時期もあった。でも、少しずつ私に楽しいことが増えてきて、彼氏は気持ちが楽になったように見えた。

一見いいこと。でも、危ういな~、と思う。「さみしさ」を「楽しさ」に置き換えちゃったら、それ以外の恋愛の部分も一緒に置き換えられちゃいそうだ。そのうち「別にいなくてもいいし」と言い切れるくらい彼氏への気持ちが小さくなってそう・・・。

過去(彼氏に出逢う前も含む)に私は楽しさを共有する(一緒にできる楽しみを見つける)ことで両立をはかったことが何度もあるのだけれど、結局毎回うまくいかず。一緒に楽しむって、難しい。


難しいし、辛いことも多いけれど・・・置き換えるんじゃなくて、どんどん増やしていけたらいいな。
ひとりでの「楽しい」も、一緒での「楽しい」も。

でも下手をしたら解決しない「さみしい」で彼氏が悲鳴をあげちゃうかな。


それにしても・・・読み返して思う。私ってば・・・すごく面倒なやつだ。
よくこんな面倒なやつと一緒にいようと思ってくれるなぁ(笑)

応援お願いします☆(ランキング投票です) Please click!!
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト
【2008/05/15 23:55】 恋愛のこと | TB(0) | CM(0) |
<<お世辞でもうれしい | Home | お手製 夏用クリーム2種☆>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://loveflare.blog25.fc2.com/tb.php/208-e9fa2ac0
| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。