スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |
さるぼぼの魅力
私はさるぼぼが大好きだ。
多分、日本全国のご当地キャラクター(といっていいものか・・・)の中で、一番好きだと思う。

さるぼぼは、飛騨高山など岐阜県飛騨地方で昔から作られる人形。

飛騨弁では、赤ちゃんのことを「ぼぼ」と言い、「さるぼぼ」は「猿の赤ん坊」という意味である。災いが去る(猿)、家内円(猿)満になるなど、縁起の良い物とされ、お守りとしても使われている。近年では、土産として飛騨地方の観光地で多く見られる。 よく見かける基本形は、赤い体に赤く丸い顔(目鼻口は省かれる)、赤い手足(指は省かれている)、黒い頭巾と黒い腹掛け(いわゆる「金太郎」)を纏い、座って足を前に投げ出しているか両足を広げ、両腕を上げて広げた(いわゆる万歳の)姿である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


飛騨高山へ旅行に行く度に、さるぼぼの数が増えているような気がする・・・。同じくさるぼぼが好きな母にも何度もお土産として送ったりした。風水を掛けたさまざまな色のものや、顔がついているものもあるのだけれど、私はシンプルな顔無しで赤いさるぼぼが好き。
-----
071121_4.jpg家の玄関には身長20cm程度のさるぼぼがざぶとんに座ってお客様を出迎えているし(玄関に縁起物を置くといいというのを聞いたことがあるので、きっといい置き方なのだろう)、彼氏の仕事車にはとびぼぼ(と私は呼んでいる。ダイブしたような格好のさるぼぼ)が今もついているはずだ。おまけに職場には、親子さるぼぼ(写真)が。さるぼぼ自体が赤ちゃんなので親子というのも変な表現だけれど、私はそう呼んでいる。大きな猿の赤ちゃんが小さな猿の赤ちゃんを抱っこ、というのがなんだか奇妙な感じで面白くて気に入っている。

そもそも私とさるぼぼの出会いは5年ほど前まで遡る。愛知に転勤してくる前、札幌で仕事をしていた時に、同僚(新婚の女性)の机に飾られていたのだ。そのあまりの可愛らしさに「これ、可愛いっすね~!」と同僚に話しかけたところ、「うん、さるぼぼ、かわいいよね~」。本当にさるぼぼを知らなかった私は「・・・さるぼぼ?ってなんですか?」と聞いて「知らないの!?有名だよ??」と驚かれてしまったりして・・・今では懐かしい思い出である。


もう少ししたら新しい車がやってくる・・・次飛騨へ行った時には、その車に似合いそうなさるぼぼを探してみようかな。

↓↓↓応援お願いします☆(ランキング投票です) Please click!!
ブログランキング・にほんブログ村へぶろぐひろばへFC2 Blog Rankingへブログ王ランキングへ
スポンサーサイト
【2007/11/22 10:18】 ひとりごと | TB(0) | CM(0) |
<<柿食えば・・・ | Home | 【レシピ付】かりん酒・かりんのはちみつ漬け>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://loveflare.blog25.fc2.com/tb.php/23-f693ee62
| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。