スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |
ふたりのパパ
昨日は、ミニラと元夫(ミニラの実父)の面接交渉があった。

前に面接交渉の葛藤について記事にしたことがあった(詳しくはコチラ→『面接交渉・・・どこまでがアリ?』)が、慣れたのか?諦めたのか?割り切ったのか?元夫の行動は変わっていないのだけれど、私自身がそんなに目くじらを立てなくなった。

ミニラにとっては元夫も彼氏も大切なパパ。そして、彼らはミニラを愛している。
それで、充分ではないか。
-----
大まかに言うと、離婚後に親権を持たなかった親が子供と逢う権利を面接交渉権という。離婚に関する本やサイトなどでは子供の問題の部分で大抵説明書きが書いてある。とかく「子供と逢う権利」=親の権利として表現されがちだが、私は「離れて住む実の親に逢う権利」=子供の権利だと思っている。ただ、小さい子供が自分で逢う機会を作るのは難しいので、親が代行して面会の場を設けているだけだ。

なので、私の基本スタンスは「ミニラが逢いたいと言うなら逢わせる」だ。その結果、帰ってきた時におむつがおしっこを大量に含んでパンパンでおしりがちょっとかぶれていようと、夕食の食べっぷりが昼食をちゃんと食べたのか不安になるような状況でも、ミニラが「楽しい!逢いたい!」と思えるなら、その気持ちを大切にする。

前にも書いたが元夫の配慮のなさには閉口させられることが多い。日程に余裕をもって予定を立てろと言ってあるのだけれど急に「今週末逢える?」とメールを打ってくる。同行者などがいる(元夫以外の親族などにも逢う)場合は予め伝えろと言ってあるのだけれど事後だったり言わなかったりする。待ち合わせ時間・場所の設定がぎりぎり(当日の朝とか)・・・など、挙げはじめると枚挙にいとまがない。

放っておくとイライラするのはこちらなので先手を打って動くこともあるのだが、「ブッチしてやるかな・・・」と思うこともしばしば。しかも何度言っても「ごめん」と返ってくるばかりでなおらない。けれど、面接交渉当日の朝に、はしゃいで準備をして、出かけるのを待ちわびているミニラを見たら「やっぱやめた!」とは口が裂けても言えない。

まぁ、冷静になって考えると「こんなだから離婚したんだっけ」で片付いちゃうんだけど。養育費の未払いが多発して社会問題になっていることを考えれば、ちゃんと支払いがあって、子供に逢いたがってくれて、逢えば子供は可愛がってくれて・・・ちゃんと父親なんだよな。うん。元夫婦がぎこちないのはある意味アタリマエで、父娘関係がうまくいっていればそれでいいのだ。それ以上は私の我儘でしかないのかもしれない・・・そう考えれば、彼の辞書に「配慮」という文字を書き込みたければ私が工夫や努力をすればいいだけの話だ。


元夫がミニラを可愛がるのはある意味必然の流れなのだけれど、さらに彼氏も「この人はこの子を自分の血を分けた子だと思っているよね」と周囲が思うくらい、溺愛してくれる。ちゃんと遊び、教え、諭し、時には叱りもする。いくら雷が落ちてもミニラは「でも、パパすきだもん」とちゃんと言える関係だ。私が「もしかしたら20年後にはお義母さんと呼ばれているかしら?」とやきもちを焼くくらい、いい雰囲気だったりする。

元夫を「まいごのパパ」(多分「前のパパ」という意味)と呼び、彼氏を「いまのパパ」「ちがうパパ」「ひげのパパ」などと呼ぶミニラ。どちらのパパに逢える時も、満面の笑みを浮かべて「うれしい~!パパしゅきしゅき~!」と喜びを表現する。ふたりのパパと相思相愛・・・なんて恵まれているのだろう。


大人の都合で複雑な環境に置かれているミニラ。もちろんどんな環境であろうがミニラの人生を生き抜くのはミニラ自身でしかないのだけれど、本人ではなく私が「これがこの子の運命だから」などと言うならそれはただ横暴・乱暴な話でしかない。それでもいつも私ができることは、そっとしつけ糸をつけてあげること、そして愛してあげることだけだ。そこから先はミニラが決めるのだ。

親ばか・・・という話でもあるけれど、ミニラはちゃんと生き抜く術を身につけているな、と思う。周囲に愛される素質・力。大切なことだ。幸いにも、ミニラに手を差し伸べてくれる人は本当にたくさんいる。私も、元夫も、彼氏も、そのひとり。敬愛の念をこめて、胸を張って「この子は太陽の寵愛を受けている子だ」と表現したりもする。・・・願わくば、その愛に溺れることなく、奢ることなく、生き抜いてくれますように。


・・・私も見習おう。


応援お願いします☆(ランキング投票です) Please click!!
にほんブログ村 家族ブログへ


スポンサーサイト
【2008/06/22 04:31】 子供のこと | TB(0) | CM(3) |
<<マヌカハニー | Home | 参観日>>
comments
--ミニラちゃんしだいなのかな?--
私の周りにも、あづまちゃんと同じような環境の方がいて
そこの子供は今年一年生になりました。男の子です。
今はね、子供が会いたがらないって言います。でも、元旦那さんは会いたがる・・・・・悩んでいました。

父親って、一緒に住んでても全く父親の役目を果たさない人もいる。
そういうところの子供ってやっぱり違うよね。小さいときから・・・
ミニラちゃんは、二人のパパから愛されている。ミニラちゃんの人柄だろうね。きっといい子に育つよ!
【2008/06/22 10:51】 URL | ひろはる母ちゃん #-[ Edit] |
----
ランキングからきました*:.。☆..。.(´∀`人)

何か考えさせられるエントリーだったもので・・

うちの場合は いろいろと複雑な事情があるんですが

やはり元旦那は会いたいと言って来ます・・

養育費だって一銭ももらっていないのだから会わせたくないのが本音なんですが

色々考えると難しいですよね(;´Д`)
【2008/06/22 17:43】 URL | MEGUKO #-[ Edit] |
----
ひろはる母ちゃんさん >
ミニラ次第・・・正確には、ミニラと元夫次第でしょうか。
母ちゃんさんが仰るおうちでは、元夫婦間が結構うまくいっているんですね。私だったら「自業自得!」とばっさり言ってしまう気がします。
ミニラに変な先入観を植え付けないように、元夫の愚痴は慎むようにしていますが(汗)

私自身が子供の頃、まさに父親不在の家だったので・・・ミニラにはパパが居るけど居ない、という状況は経験させたくないなぁって思います。


MEGUKOさん >
コメントありがとうございました♪
自分の本音は違うところにあっても、子供のためにはどうしたらいいのか・・・試行錯誤ですよね。
実の親同士であることはずっと変わりないので、できれば長い付き合いができるように、折り合いがつく場所を探せたらいいですよね。
【2008/06/23 06:07】 URL | あづま #mPzXc2zk[ Edit] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://loveflare.blog25.fc2.com/tb.php/249-cbdd99db
| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。