スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |
長野~山梨~静岡の旅 そのさん


ドライブ旅行記第3弾。第1弾第2弾もよろしく。

本栖湖を1周した後はそのまま南下し静岡県へ。本当は朝霧高原でミニラを放つつもりだったのだけど、ちょうどタイミング悪くお昼寝に突入・・・後で行く予定だった白糸の滝へ向かった。

道中、雲の切れ目から見える富士山とその周辺の自然と(一方的に)交信をはかる謎な人になっていたら、彼氏に「ずっと黙ってるけど、どうした?」と聞かれた。すみません、心ここにあらずでした・・・。(一方的に)交信をはかった結果、私が感じた富士山は「おかあさん」のイメージだった。山というとおとうさんっぽいので・・・ちょっと自分で意外だった。

Photo all → 2008/07/13sun LUMIX DMC-FX50 にて撮影
-----
080716_2.jpg

白糸の滝・音止の滝という2つの滝が隣接しているというのは前情報で分かっていたけれど、ものすごく観光地化されているとは思っていなかった・・・とは彼氏の談。パパっと見て立ち去るタイプの滝だと思っていたらしい。そして私は彼氏に任せっきりでほとんど情報なし・・・見た時の新鮮さがあってこれはこれでよし。

写真は音止の滝。昔々、仇討の手筈を話し合う兄弟の声が滝の轟音にかき消されてしまい、嘆いた兄弟が心の中で神に念じると滝の音が止んだ・・・という言い伝えがある滝である。確かにすごい音だった。いや、すごいのは音だけじゃなくてその水量もだが。さすがは日本の滝百選に入る名瀑である。

080716_3.jpg

そして遊歩道を歩いて白糸の滝へ向かう。音止の滝と白糸の滝は200mくらいしか離れていない・・・名瀑が2つ連なるとはなんという偶然だ。

白糸の滝から流れる富士の雪解け水が川となって人々に涼みの場を提供していた。ゆっくり足をつける大人と、対照的に服を濡らしながらはしゃぐ子供たち。私たちも例に漏れず入水・・・が!冷たい!冷たすぎる!!ミニラを支えながら川に足をつけていると・・・動きたくても動けない。冷たいを通り越して、痛い。最終的に腰をかけられる岩を見つけ、足を水につけたり出したりして、なんとか心地よい涼を得たのであった。

080716_4.jpg
白糸の滝本体は幅200mもある巨大な滝。多分パノラマモードを使っても端から端までを写真におさめるのは難しいと思われる。しかもこの滝、上流に川はないという・・・富士山の雪解け水が断層から湧き出たものらしい。その量は毎秒1.5トン。富士の保水力のすさまじさを目の当たりにするようだ。すさまじく透明できれいだが冷たい水中ではニジマスが優雅に泳いでいた。水の青に魚のオレンジが映えて・・・美しかった。


080716_5.jpg遊歩道の壁側には、どこかで見たような草が大量に生えていた。特徴的な花びらの形、丸みを帯びた葉っぱ・・・これってもしかして、美白で有名で、欲しいけど家の近くでは見当たらない、あの・・・。

080716_6.jpg 080716_7.jpg
やっぱり、ユキノシタ!
育ててる、だとぅ?すんごい大量に生えてるんですけど・・・。
1本でいいから、分けて~!!

こんな時でも美容ネタには敏感に反応する私であった・・・。


080716_8.jpg

白糸の滝で予定外のレジャーを楽しんだ私たちは、最後に朝霧高原で少し休憩して、帰路につくことにした。「じゃあお土産買って帰ろうか・・・」そんな言葉が出て、ようやく天気が崩れだした。またもミニラの晴女ぶりを実感した2日間であった。実に有意義に森林浴できた。いい具合に日焼けもした。夏を堪能しているなぁ♪

今回行ってみてわかったこと。富士五湖はそれだけで何日も楽しめるくらい、見どころが多い。次に機会があったら今回行けなかった西湖、河口湖、山中湖にも行ってみたいな。


昨夜、富士五湖の周辺で地震があったと聞いて、びっくり・・・。大きな災害は起きなかったようで、そこにはほっと胸をなでおろしたのであった。


応援お願いします☆(ランキング投票です) Please click!!
にほんブログ村 家族ブログへ


スポンサーサイト
【2008/07/16 23:58】 写真のこと | TB(0) | CM(5) |
<<やっぱりきたか・・・受給資格喪失通知 | Home | 長野~山梨~静岡の旅 そのに>>
comments
----
すごい滝だね。
写真を見ているだけで涼しくなる。

私の住んでいるところは山の中ですが
結婚するまでは今よりもっと山の中で
ユキノシタも、身近に生えていました。

ミニラちゃんの晴れ女ぶりはすごいね!
【2008/07/17 05:58】 URL | ひろはる母ちゃん #-[ Edit] |
--管理人のみ閲覧できます--
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/07/18 05:41】 | #[ Edit] |
----
ひろはる母ちゃんさん >
それはそれは涼しかったです!
愛知に戻るのが憂鬱だったくらい・・・(笑)

ユキノシタが身近で見られるような、自然の多い環境で暮らしてみたいです。でも、いざそういうところで仕事を探すとなると、なかなか・・・。

親ばかな話ですが、おひさまに愛されてる・・・素敵な子だなぁ、と思います。
【2008/07/18 05:43】 URL | あづま #mPzXc2zk[ Edit] |
----
こんばんは^^

富士山との交信の結果、富士山が「おかあさん」のイメージだったっていうのは面白いですね。
昔、ある問題でどっちに行こうか迷っていた時、
富士山に行ったんですね。
その時、懐に抱かれたような気分になって、
安心して冷静な選択ができたことがあるんです。
そんな記憶が蘇ってきました♪

音止の滝、虹がでてますね(*^^*)!
きっと、歓迎されてたんだろうなぁ。
白糸の滝もすごく綺麗・・。
実際には、もっともっと綺麗だったんでしょうね。
滝は、写真でみてるだけでも浄化される気分です。

【2008/07/19 23:41】 URL | kayahime #-[ Edit] |
----
kayahimeさん >
お返事遅くなっちゃいました・・・ごめんなさい。

懐に抱かれた、という表現も的を得ていると思いますよ。
なんかね・・・胎児になったような?そんな安らかな気持ちになりました。なんとなく仏の心境とも近いような・・・すごく満たされた感じがしました。頂から裾野まで・・・大きいですよね。そんな大きさから比べたら、人間は本当に小さい・・・まさに手のひらで遊ばせて頂いている感じです。

滝はもろに撮影技術が出るところなので、結果を見るたびに「まだまだだなぁ・・・」と思うことが多いです。
一瞬を切り取ったような、素敵な写真が撮れるように・・・精進精進!ですね。
【2008/07/22 21:18】 URL | あづま #mPzXc2zk[ Edit] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://loveflare.blog25.fc2.com/tb.php/277-05e0bf7b
| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。