スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |
人騒がせな母・・・
ここ1週間ほど、母と連絡が取れなくなっていた。

先週の土曜日、家の電話に留守電が。叔母の携帯からだったが明らかに声は母で、

「訳ありで2、3日、携帯繋がらないから~。また電話します~」

訳ありってなんだよ!と思いながらもとりあえず待ってみる。が、しかし、2日待っても、3日待っても一向に電話は来ず、痺れを切らしていくら電話をかけても「電波の届かない場所にいるか、電源が入っていないため、かかりません・・・」というアナウンスが返ってきて、一体どうなってんだ!?と、すんごく心配した。

ついさっき、ようやく連絡が取れた。

携帯が濡れて使えなくなって、新しい携帯を買うのに時間がかかっていたらしい・・・。


まったく!人騒がせな!!
-----
正月、ゴールデンウィークに逢った母はメール中毒の気があった。といっても相手は私ではない。若い男の子だったり、その妹さんだったり、そのお父さんだったり、そこの家の家政婦さんだったり、どっかのおじいちゃんだったり・・・。

なんでだか知らないが、人の良さが口伝で広まり、よろずメール相談のようなものを請け負っている、らしい。誰だ広めたやつは・・・と私あたりは苦々しくも思ってしまうのだが、母も一人で寂しいのだろう、なんだかんだと甲斐甲斐しくメールに付き合っている。

最初は自閉症・引きこもりの10代後半の男の子。その子のお父さんである会社社長のシングルパパと妹さんと家政婦さんも「お兄ちゃんのケア」という名目でそれぞれメールでやり取りをしていたようだ。結局自分の足で外に出られる様になり、お父さんの会社で働けるところまで回復をした・・・というところまで聞いた。

次は会社を興して息子に会社を譲ったおじいちゃん。奥様に先立たれてから手持無沙汰で、おまけに息子と折り合いが悪くてメンタル系の病気になりかけていたらしい。これまた包括的にケア・・・という理由なのか何なのか、会社を譲られた折り合いの悪い息子とその息子(おじいちゃんからすると孫)ともメールのやり取りをしているらしい。母がなんとかいい方向に持っていこうとすると息子が勝手に行動してそれまでの流れをぶち壊す・・・と愚痴られたのが最後だ。あれからどうなったかな・・・。

が、しかし、私から言わせると、どいつもこいつも母に依存した自分勝手なところがあって、母の都合お構いなしで長文メールを送りまくってくる困ったやつらである。母が「愛知にいる娘のところに遊びに行ってきます、なのでメールはしばらくお休み」的なメールを送っても、聞いちゃいねぇ(読んじゃいねぇ、が正確か)。行ってらっしゃい、楽しんできてね、くらい言えないのか。おまけに普段はちゃんと仕事をしている母の返信が少し遅れただけで「返事がないけど・・・」というメールなどをどんどん送ってくる。そういった依存度はどんどんエスカレートして「逢いたい」と言われることも多いらしい(これはとりあえず断っているらしいが・・・)。母は確かに気のいい人だが、あんたらのおかあちゃんじゃないんだ、少し節度というものを考えろ、と言ってやりたくなる。

母も母である。「もうねぇ、本当にメールがすごいのよ」と愚痴をたれつつ、私がいくら「少し放っておきな」と言っても甲斐甲斐しくメールの返事を書いている。熟年離婚後、一度は同居した息子(私からすると弟)がまた家を出た、と考えると、面倒をみる相手がいなくて寂しいのはわかる。わかるのだが・・・ちょっとどうなのよそれ、と苦言してしまう頻度なのである。


そんな経緯があったので、もしかしたら誰かがストーカーと化したか、ひっきりなしに電話を鳴らすようになったか、もっと困ったことになったりしてないか!?と、すご~く心配した。


ら。

会社の懇親会のパークゴルフ大会で、隣に座っていた人のペットボトルのジュースが倒れて携帯が使えなくなった・・・という話だった。docomoに相談したら「2、3日電池をはずして乾燥させてみてください」と言われたらしく、それで留守電に「2、3日」と・・・。結局3日経った後も電源が入るようにはならず買い替えを余儀なくされたが、老眼でらくらくホンを使っている母・・・納得できる機種の在庫がなかったらしい。カメラは欲しい、でもテレビはいらない・・・と希望を言ったら「じゃあ8月1日発売の機種を予約してください」と言われ、そのまま発売したばかりの新機種を買ってきたとのことだった。

それで今日、ようやく連絡がついたという話だった。あぁ拍子ぬけ。でもほっとした・・・。


留守電に「訳あり」と入れるのはやめなさい、と小言を言ったのは言うまでもない。「携帯が壊れた」と言われればこんなに心配しなかったものを・・・まったく、もう。

困った母である。


応援お願いします☆(ランキング投票です) Please click!!
にほんブログ村 家族ブログへ


スポンサーサイト
【2008/08/01 23:02】 家族のこと | TB(0) | CM(3) |
<<せっけん使用感 #9 アマンド・ショコラ | Home | 「ねんきん特別便」がきた!>>
comments
----
人のいいお母さんですね。
でも、相手の人がどんどんお母さんに依存しているのが少し怖いような・・・
絶対に会ったりしないほうがいいと思う。

私も最初、何かあったのかと心配しました。

離れているといろいろ心配になるよね!
【2008/08/02 14:36】 URL | ひろはる母ちゃん #-[ Edit] |
----
こんばんは^^

お母様、なんでもなくて良かったですね(^^)。一安心。
でも、娘としては遠く離れてくらしているし、何があったのかって心配しちゃいますよね・・(^^;

お母様の「メールよろず相談」の記事を読んで、複雑な心境でしたね。
一人、一人の方の「孤独」を感じるようで。。
家族の中にいるのに、家族の繋がりを感じられないことが多くなってしまってるのかな・・?
いぜん、あづまさんも記事にかかれてたけど、「家族」ってもう一度自分自身の中でも問いかけてみようかなって思いましたよ。
【2008/08/02 20:10】 URL | kayahime #-[ Edit] |
----
ひろはる母ちゃんさん >
心配していただきありがとうございます。
本当は誰とでも気軽に話せる世の中であってほしいのですが、何かと物騒なのでやはり少しは用心してもらいたくなりますね(^-^;

母は何でも自分で抱える性質なうえ、一人暮らしなので、何かあったら・・・と考えると本当に心配になります。


kayahimeさん >
お騒がせしました(^-^;

ひとりひとりの孤独・・・そう、母も孤独なんですよね。
元夫(私からすると父ですが)とうまくいかなかくて離婚していたり、親戚関係との軋轢があったり・・・。

そんな母が誰かの相談にのっている姿は、奇妙に映る時もあります。自分のことは棚上げなんだな・・・とかね。私も子供ができる前は両親とのしこりがすごかったんですよ。

でも、例え話ですが、もし1ヶ月後に飛行機とか船とかが動かなくなる・・・と言われたら、私は帰るだろうか?と自問することもあります。もう親に会えなくて・・・、だなんてそんな覚悟で離れたわけじゃあないよな、と。
昔の方が故郷を離れる時はそれこそ今生の別れも覚悟してのことだったと思うと、自分はどっちを向きたいのか・・・考えてしまいます(^^;
【2008/08/02 23:09】 URL | あづま #mPzXc2zk[ Edit] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://loveflare.blog25.fc2.com/tb.php/294-818e483f
| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。