スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |
足助 たんころりん


愛知県豊田市足助町(旧東加茂郡足助町)の夏の風物詩、「たんころりん」を見てきた。

「たんころりん」は竹で編んだ籠と和紙で作られた円筒状の行燈で、足助町の古い町並み沿いにものすごい数が置かれている。灯りはちゃんと油を紙の芯に浸して灯されていて・・・優しい灯りと町中に吹く川風が心地よい。

古き良きものに触れ、人の優しさに触れ・・・またひとつ、愛知で好きなことが増えた。

Photo all → 2008/08/10sun LUMIX DMC-FX50 にて撮影
-----
080810_2.jpg

「たんころりん」は日が落ちたくらいから始まるのだけど、ついたのはまだ夕焼けが始まったばかり。ちょうどいいので明るいうちにちょっと古い町並みをぷらぷらしつつ、お茶屋さんでお抹茶を頂いたり、小物屋さんを物色したりして、ゆっくり過ごした。みな気のいい人たちばかりで、その笑顔と優しい言葉に心があったかくなる。そろそろ頃合いかな?と動き始めた時に演奏されていた足助太鼓。迫力がすごかった~。ミニラはしきりに叩きたがっていた・・・好きね、太鼓。

080810_3.jpg

「たんころりん」の期間中に行われている町かど演奏会。町の随所で様々なジャンルの音楽が楽しめる。予め演目を確認して、どうしても聞いてみたかったのがこのケルティックハープ。やさしい音色だった~。写真中央の女性が奏者で、右の男性がアシスタントを務める旦那さん(写真は音合わせ中のものである)。

演奏は1回30分の3部構成だったので、まず早速1部をかぶりつきで鑑賞。が、太鼓の方が興味大なミニラさん、5分もしないうちに「もういい」と騒ぎだす。「連れて会場を離れないとだめか?」と思ったら、足助の町の人は優しいなぁ・・・商店街のおばちゃんと観光協会のお姉さんがミニラの面倒を見てくれて、私は最後まで鑑賞させてもらった(私はもともと誰にも頼らず一人で意固地になるタイプだったのだけれど、ミニラが生まれてからは本当に頼れる人は誰にでも頼るようになった・・・柔軟になったなぁ)。ミニラは観光協会のお姉さんが大のお気に入りで、べた甘え。鑑賞を終えた私が迎えに行った時は抱っこしてもらって甘えまくりだった。あまりの人懐こさにお姉さんから「足助の子ですか?」と聞かれたほどだ。「こんなに人懐っこい子は珍しい」とたくさん可愛がってもらった。

080810_4.jpg


ちょうど盆踊りの日だったようで、踊りがよくわからないけど見よう見まねで参加。北海道出身だから、愛知の踊りはわからないのよね・・・北海盆歌(北海道の盆踊りに使われる歌)なんて流れるわけないしね。ミニラさんに「ゆかたがきたかった!」と怒られる。・・・盆踊りだって知らなかったんだよ~・・・知ってたら浴衣着せたんだけどね。勘弁してください。

080810_5.jpg


踊った後、露店で買った食べ物で腹を満たしたら、「おねえちゃんのところにいく!」とミニラさん、私を置いて走って観光協会のお姉さんの所へ行ってしまった(見辛いけれど、写真はミニラとお姉さんのツーショット)。あわてて追いかけるも、もうあっという間にスタコラサッサ。・・・結局「たんころりん」が終わる21時までお姉さんから離れないでやんの。お姉さんも「ちょっと狭いけど、お姉ちゃんのうち来る?」「うちの子になる?」とかなんとか、まんざらでもない様子。

たんころりんを運営している町の方々とも色々お話しさせて頂いて、いつの間にかミニラはお姉さんの子供として紹介され、私はとある運営側の素敵な殿方(もうすぐ50歳・・・がすごく見た目が若くて私は40前後だと思っていた)の奥さんということになっていて、これまた運営側の聡明なおじいちゃんはミニラの祖父とかいう設定になっていて、休憩中のハープ奏者さんとその旦那さんも交えて馬鹿話で盛り上がる。そしてミニラさん、気のいい大人たちに遊んでもらって大はしゃぎした金曜の暑気払いに続きまたもや大騒ぎ。きっと夏休みが終わるまでずっとこんな調子なんだろうな~。

観光協会のお姉さんはもともと足助の方ではなくて、足助が好きで去年越してきたらしい。豊田市に編入されたといっても外れ町、観光客が年々減っていたりして、苦労も多いようだ・・・。でも、とてもいいところ。ミニラを養えるだけの仕事があれば是非引っ越したい・・・なんて話もしたりして。バイトならちらほらあるらしいけど、定職となると難しいようで・・・やっぱり山の方は仕事がネックなのだ。本当に、空気もきれいだし、水も水道水が飲める程度には綺麗だろうし、街中に比べると涼しいし、なによりも住んでる人があったかい。いいところなんだけどなぁ・・・くぅ。

足助は秋には紅葉で大渋滞が起きる名所でもある。またゆっくり、遊びに行きたいな。お姉さんのお名前を頂戴したので、機会があったら観光協会にも顔を出してみようかな。・・・求人情報、いろいろ調べてみようかしら(笑)


応援お願いします☆(ランキング投票です) Please click!!
にほんブログ村 家族ブログへ


スポンサーサイト
【2008/08/10 23:55】 写真のこと | TB(1) | CM(3) |
<<夏旅行 ~ 牧歌の里 そのいち | Home | 暑気払い>>
comments
----
ミニラちゃんって本当に人に好かれる子なんだね。天性なんだろうね。

お祭り、いいね。
私は生まれも育ちもこの町。
何年かは東京に行ったり、尼崎に行ったりふらふらしていたけど・・・
よそのお祭りに行ったことないな・・・

人と触れ合う、いいよね!
【2008/08/11 22:11】 URL | ひろはる母ちゃん #-[ Edit] |
----
こんばんは^^
↓の記事のコメントなんですが、
間違って、旦那さまの名前&アドレスで書き込んでしまいました(^^:
こめんなさい<(。_。)>

初めて行った土地なのに、
そこの空気が「肌」に合うってありますよね。
足助は、あづまさんとミニラちゃんにとって、
そんな土地柄だったのかなぁ~?

それにしても、飲み会のお話に続いて今回もミニラちゃんが大はしゃぎしてますね♪
うれし・たのしんでしょうね☆

夏休みのミニラちゃんにポチ^^
【2008/08/12 18:36】 URL | kayahime #-[ Edit] |
----
ひろはる母ちゃんさん >
知らない土地のお祭りって、ちょっと尻ごみもしちゃうけど純粋に楽しいですよ。都会のお祭りより田舎のお祭りの方が風情があっていいですね(都会のはどこ行っても似たような印象・・・)。


kayahimeさん >
基本的に田舎者なので都会生活は肌に合いません(笑)
何より水が合わないんですよね・・・AEONの「おいしい水」にお世話になりっぱなしです。
できれば空気も水もきれいな「海があり山があり湖があり」な場所がいいのですが、彼氏に「本州でそれは贅沢だ」と言われてしまいました(^-^;

この後もミニラの元気は続きます・・・(笑)
【2008/08/16 07:03】 URL | あづま #mPzXc2zk[ Edit] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://loveflare.blog25.fc2.com/tb.php/303-db8994e5
-
管理人の承認後に表示されます【2010/08/15 12:54】
| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。