スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |
留まれないんだ

彼氏とちゃんと向き合って接していると、呆れてしまうぐらい人生がドラマチックだ。

知り合って、どんどん深いところで触れ合って、離れ難くなって・・・。
何度も何度も、繰り返し訪れる目が覚めるような驚愕。

彼と話すことでなぜか解けていく自分の心の糸の先に見つけた一筋の光は、「人は時を止めて留まることはできないんだ」という、当たり前の結論だった。

当たり前のことを認めたくなくて狂ってきている自分が、まるで羽化をするように、まるで脱皮をするように、あるべき形におさまっていくのがわかる。


・・・そう、進むしかないんだ。
-----
・・・確かにこの夏から怒涛のように色んなことが起こって、心身が疲弊しているのはあった。見たくないもの、聞きたくないものをどうしても身に入れなければ乗り越えられない苦痛に悶えていたのは確かだ。そういった極限の状態に片足を突っ込むことで、それまでなんとかバランスを取っていた、取っていると暗示をかけていたものが、いっぺんに崩れだした。

心から愛する自然と離れて送る生活、本職に戻れないままの仕事、ひとり親での子育て、トラブルの絶えない親兄弟、難しい恋愛・・・そして様々なものを破壊し振り回す凶暴さをもつ自分自身。


10代からの大切な友人が、ちょっと前のブログ記事を読んですぐメールをくれた。
「育児、仕事、身内の死や彼氏とのすれ違い、これだけ重なればどんな人でも参っちゃいますよ。あづまちゃんは頑張りやさんだから、すべてまともに受け止めてしまうんだろうね。どこか楽観できる部分があればいいのだけど・・・。」
・・・この人はいつもこうなのだ。よっぽど大変な状況に身を置きながら、そんな様子は見せずに柔らかく笑ってそこにいる、温度のある光のような人。愚痴もなぜか笑い話のように聞こえてしまう。私のようなお子様と違っていつだって辛抱強く、どっしりと安定して見える。その優しさに、ついつい、寄りかかってしまいそうになる。いけないいけない、この人も仕事とか夫婦生活とかいろいろ大変なのだ、と思ってあわてて身を正す。いただいたメールにも泣き言を書いては消し、強がりを書いては消し、としているうちに返信せずに大分時間がたってしまった・・・ごめんなさい。ありがとう。


頑張り屋さん・・・かどうかはわからないけれど、何かを我慢していた。無理がある、無理がたたってきている、と自分では分かっていたが、もう止めようもないところまで縛られていた。何に縛られているかもよくわからないけれど、とにかく今のままではダメになる。何とかしなくちゃ・・・と支離滅裂に慌てていた。


でも、彼氏と深いところで話をして、わかってしまった。何が私を縛っていたか。

日頃、自慢なんだかよくわからないが、若い女の子に惚れられただの、誰それにカッコいいと言われただの、自分をよりよくより大きく見せる方向には饒舌な彼氏だが、自分の芯のことになると本当に寡黙になる。私が触れたくて知りたいのはその芯の部分なのだけれど彼は頑なにそれを見せないので、見えないなら見えないで私は想像する。彼氏が感じていることとか、考えていることとか、置かれている状況とか、いろいろな事を想像する。彼氏は本当に私に見せないので、不透明な虫食いから本体を想像し続ける・・・。その、想像しているうちに出来上がった、私の中の仮想彼氏が私を縛っていたのだ。時に甘い王子様で、時に独裁者で、時に断罪者で・・・。

私が想像する彼氏など本物の彼氏とはほど遠いのだけれど、本物が遠いから近づけるためにした想像で、さらに遠ざけてしまう。偽者まで生んで私がしたことはただの自虐行為であり自慰行為か。


そんな仮想彼氏に縛られた私は、「一緒にいたいという気持ちを抑えなければいけない」「結婚を急くような事を言ってはいけない」「とにかく今は待て待つんだホールドし続けろ」と、自分の足を自分で引っ張るような事を暗示し続け、自爆を繰り返した挙句しまいには行き場のなくなった私のエネルギーは住処や職場や子育てや・・・いろんな方面へ足踏みを強制させた。どうしたら進めるか、でも進みたいけど進めない、進んだら壊れてしまう、進んではいけない、ホールドしなければ・・・。ああ、なんて可笑しな呪縛。

私が前に進んだら壊れてしまう、だから彼氏と一緒にいたいなら自分は待たなければ・・・なんて、どれだけ自分を過大評価していたのだろうね。それで彼氏への想いを見失うんだから本当に性質が悪い。


2人の仲が壊れるかなんて、進んでみないとわからないんだ。彼氏も進む。私も進む。もしかしたら進んだ先で道がひとつになることも分かれることもあるだろう・・・でも今はそんなこと、わかりっこないんだ。今できることを、するしかない。


彼氏らしい、象のような、ゆっくりだけど確実に進もうとする足取りを、愛おしく感じよう。

私は私で、自分の思うように走ればいいのだ。Que sera sera。


・・・いい恋、してるよね。


応援お願いします☆(ランキング投票です) Please click!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

スポンサーサイト
【2008/10/28 01:18】 恋愛のこと | TB(0) | CM(0) |
<<そろそろ冬服? | Home | gremz 2本目発芽!>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://loveflare.blog25.fc2.com/tb.php/370-0f880404
| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。