スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |
喪中はがきを作る
もう少しで12月・・・あちこちで年賀状印刷のチラシだののぼりだのを目にするようになった。今年は祖母の不幸があった私は年賀状は出さないが、その代わり出すのが年賀欠礼のはがき・・・いわゆる喪中はがきだ。

11月あたりから「そろそろ準備しなきゃな~」「そろそろ出さなきゃな~」と思ってはいたもののついつい後回しにしてしまい、たまに電話をくれた母にも「もうそろそろ出しなさいよ」と突っ込まれつつ・・・結局動いたのは11月末だったりして。

面倒なんだったらその辺にたくさんある年賀状印刷屋にお願いすればいいのだが、変わり映えしないありきたりな喪中はがきのために結構高額な印刷料金を払うのも馬鹿馬鹿しくて、Photoshopでちょちょっと自作。

出す相手は親の年代の方(要するに親戚関係)がほとんどなので、「横書きとはけしからん」みたいに思う人もいるんだろうな・・・と思いつつ、せっかくなのでありきたりな形からはちょっとはずして作ってみた。さすがに写真を貼ったりはしなかったけど・・・もっと出す年齢層が下がれば、フルカラーの喪中はがきも悪くないよね。

なんだかんだ言いつつメインの印刷まで終え、次は宛名印刷・・・手書きに比べれば大した手間じゃないんだけど、やっぱりちょっと面倒。いつもそれで出すのがぎりぎりなのでありました。
-----
しかし時代は変わったものだなぁ・・・と思うのが、はがきの質。普通にインクジェット用のはがきが手に入る時代なんだなぁ・・・そりゃプリントゴッコが廃れるはずだ。私が小・中学生の時は、なんとかオリジナリティあふれた年賀状を作りたくて、せっせとプリントゴッコで遊びながら色々作った記憶がある。面白いついでに親の分まで作ったりね。最初は少なかった色数も、だんだん和風な色とか金銀とかが増えていったりして・・・あぁ、懐かしいなぁ。

過去に多めに準備をして結局使わなかった年賀状だの引越はがきだの結婚報告のはがきだのが大量にあるので、それを郵便局で通常はがきに変えてもらって(確か手数料は5円/枚)、それを今回の喪中はがきに充てようと思ったんだけど・・・調べてみたら、通常の郵便窓口でしか交換はできないらしくて、断念した。平日の17時までって・・・そりゃまだ仕事中だわよ。土曜は時間外窓口しかやってないし。

会社から徒歩5分くらいの所に小さい郵便局があるので、どうしても交換したかったら昼休みにそこへ行けばいい話なんだけど、そこの郵便局は本当に接客がよくなくて、行く度に嫌な思いをするのでもう行かないと決めているのでこういうことになる・・・。愚痴でなく、本当に局員の質が良くないのだ。

順番待ちのカードを無視で窓口にへばりつく年配の方が優先されちゃうし(何のために待ってるんだか?)。振込手順がよくわからなくて尋ねたら明らかに小馬鹿にしてくるし、その上「ATMなら手数料無料です」と言われてATMでやったらできなくて、もう1回尋ねたら「あぁこの用紙は窓口でしかできませんね」ときたり(何のために用紙見せて尋ねたのよ?)。ゆうぱっくで送ろうと思って梱包した段ボールを持って行ったら、送り状がうまく貼れないからと明らかにサイズが合わない封筒に無理やり段ボールを押し込んだ挙句、ガムテープをそれはもう汚く貼られたり(つーかせっかく梱包した箱を上下左右関係なく平気でひっくり返したり・・・粗雑に扱うってどういうことよ?)。

ここまで対応の悪い郵便局は生まれて初めてだ、と思うくらいよくない。局員の顔も、楽しく誇りを持って仕事をしている人特有のいい顔では決してないので、きっと毎日が楽しくないし郵便局の仕事も楽しくないが仕方なくやっているんだろうな・・・。立地が悪いのか、中にいる人自身が悪いのか・・・同じ郵便局でもいい顔の人が多いところは決して少なくないので、これはとても悲しい話だ。んが、嫌な思いをしなければ必要なサービスが受けられない、というのはおかしい話だと思うので、ちょっと不便でもそこには行かないと決めているのである。

ので、結局あきらめて、近所のスーパーのサービスカウンターでインクジェット用のはがきを買い求めた次第である。まぁ、枚数も微々たるものだし、書き損じはがきは時間のある時に交換すればいいし・・・ね。


会社関係は個人情報保護の観点から年賀欠礼が義務付けられてしまっているので、送るのは親戚と友人関係のみ。なので、本当に枚数は少ない。一番枚数が多かったのはやはり小・中学時代だろうなぁ・・・一応クラスメートには全員送っていたから。そういう半ば義理に近いものを除けば、出す枚数は本当に知れている・・・というのは逆を返せばプライベートの知り合いがいかに少ないかを示しているので自慢できたことではないのだが、事実なのでしょうがない。ミニラがもう少し大きくなったらママ友が増えるのかなぁ・・・謎だ。


さて、久しぶりに古いPCに火を入れましょうかね・・・あて名印刷ソフトが古いのにしか入ってないのだ。今回はそれでいいとしても、これからどうしよう・・・パッケージソフト、買うかなぁ・・・うーん。

応援お願いします☆(ランキング投票です) Please click!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

スポンサーサイト
【2008/11/29 11:52】 おえかきのこと | TB(0) | CM(2) |
<<木曽三川公園 冬の光物語 | Home | いいふろの日。>>
comments
--いい感じですね。--
喪中はがき、始めてみる感じですがいいと思います。

最近は、みんな自分で子供の顔をいれた年賀状を作るよね。
印刷屋さんって儲からなくなったよね。
【2008/11/29 22:35】 URL | ひろはる母ちゃん #-[ Edit] |
----
ひろはる母ちゃんさん >
お褒め頂きありがとうございます。
はがきを縦に使って、縦書きで「喪中につき云々」って
本当にありきたりだなーと思いつきまして。
年賀状はバリエーションが多いですが、喪中はがきだとみんなそんな感じですよね。

こういう発想って不謹慎かしら?と思って調べてみたら、
ネット注文の喪中はがきでは横書きがちらほらあってほっとしたり(笑)

パソコン×デジカメは便利ですが、
印刷屋さん泣かせではありますね。
【2008/12/01 00:13】 URL | あづま #mPzXc2zk[ Edit] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://loveflare.blog25.fc2.com/tb.php/394-2b7c6c82
| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。