スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |
『奥さん』になれません
081216_1.jpg
ここ最近、仕事の関係で同じ課のとある女性と話す機会が増えた。

何かと共通点の多いその彼女・・・同年代(なんと誕生日が数日しか違わない事が発覚!)だし、1児の母だし、子供は女の子だし、子供の歳も1つしか違わない。

すご~く共感できる部分が多かったりもするのだけれど、すさまじく差異を感じつつも尊敬・・・と思えたところは、その子がちゃんと奥さん道(?)を貫けているところだった。
-----
仮にその彼女をまゆちゃんと呼ぶことにしよう。

まゆちゃんは20代中盤で技術職の中途採用としてうちの会社に入ってきて(ここも私と共通点・・・)、その後早くに社内恋愛から結婚し、子供を授かり産休→育児休暇の末復帰し、現場にちょこっと出たものの勤務場所や時間などの関係でうまくいかず・・・現在は教育(主に新人教育)要員として社内でお仕事をしている子だ。

まゆちゃんちのお嬢さんはミニラより1つ年上なので、まゆちゃんの育児休暇の復帰は私よりも早かった。我が事業所では長命ワーキングマザー第1号という状態だった(大体みんな出産に合わせて辞めるか、とりあえず復帰しても続かないかだ)ので、現在に至るまでは色々大変だったろうと思う。ちなみに私は所内の長命ワーキングマザーとしては3号位に当たる。我が事業所ではこれから産休に入る人を含めてもワーキングマザー(候補も含む)は片手の指で足りてしまうので、まだまだ「現場で働けない福利厚生のシンボル」的な存在としてそれぞれが自分のできることを頑張っている。

まゆちゃんは現場経験が多くないままにママになったため、「自分は現場をよく知らない・・・」というコンプレックスがものすごく強い。女性だということもあり新人教育の最中でも上から目線のニューフェイスがいたりして、何度も泣かされたりもしてきたようだ。現在は不況のあおりを受けて、「今がチャンス!」と新人以外の所員教育にも力を注ぐことになったらしいのだが・・・まゆちゃんはコンプレックスから新人以外の教育に対してはちょっと逃げ腰だったりする。そこで課長が、現場もそこそこ知っていて態度がでかくて、しかし仕事がなくて暇そうにしている私をまゆちゃんのサポート役にと考えたのだった。

境遇が似ている部分もあるせいか、まゆちゃんと私はすぐ打ち解けた。

そんな中で、おそらくお互いが「この人すごい!でも真似はできない!!」と思っただろう事が、「旦那」に対する考え方である。


私は、仮面夫婦のような、結婚をしているものの実態は母子家庭のようなもの・・・という境遇が実にダメだったりする。「こんなもんだ」と割り切ればいいのだろうが、どうしても思考回路は「これだったらいない方がまし!」という方向に向いていく。実際会社などでよく言うセリフが「毎日終電で帰ってくるような旦那なんかいらない」だったりして・・・働き盛りの忙しさは身をもってわかっているけれど、基本的に「男は会社、女は家庭」という役割分担がダメなんだろうなぁ。

んが、まゆちゃんはフルタイムで働いて、育児も自分でし、家事もして、さらに大きな子供(要するに旦那)の面倒まで見ちゃえるというのだからすごい。同じ会社に勤めているのだから当然出勤時間は一緒だけれど保育園の送迎はまゆちゃんがやっているのだろうし、子供が調子を崩せば休むのはまゆちゃんだろう。おまけに旦那さんは頻繁に残業で遅くなる。終電で駅を寝過した末「迎えにきて~」と言われて車で迎えに行ったり、夜遅くても「自分で作れない人だから」とご飯をちゃんと作ってあげて・・・私だったらそんな状態が長く続いて感謝の言葉がない状態だったらブチ切れて出ていきそうなもんだが(実際出たのだが)。まゆちゃんは「いやぁ、もう冷めてるよ」と言うけれど2人目のお子様を計画している様だから、きっとうまくいっているのだろう。

まゆちゃんと話していると、「一人の男性と添い遂げる大切さ」を彼女がすごく考えているんだろうな・・・ということをひしひしと感じる。だって、なんだかんだ言っても別れる方向に考えてる感じが全くしないもの。私と言えば別れただのシングルマザーになりますだの言っても「あぁやっぱりね」「薄々そうだと思ってた」「別に驚かない」と周囲に反応されるタイプであるので、きっとそう考えてる感じが滲み出ているのだろう・・・。

きっと私はどこかジェンダーがおかしいか、冷たいか、何か欠陥があるかしているのだろうな・・・と、まゆちゃんを見ていると思う。私にはまだ窺い知れない本音や事情もあるだろうけれど、それでもまゆちゃんは母性にあふれている。新人教育でも何とか本人たちを正しい方向に導こうと試行錯誤して一生懸命だ(多分私だったらやる気のない奴には思いっきり雷を落として怖がられることだろう・・・なんかね、ゆとり教育の影響なのか怒らない方向で考えている人が本当に多い)。とにかくまゆちゃんは円満とか平穏とか、そういう言葉が似合う暮らしができるように、いろいろ考えたり悩んだりしている様子が見え隠れしていて「ああ、安定した人だなぁ・・・」と、私なんかは安心して羽を伸ばしすぎたりするのであった。

まぁ、まゆちゃんからしてみると、物事をあれこれ悩まずスパッと決断し、あまちゃんには雷を落とす気満々な、彼女いわく「いけいけどんどん」な私は頼もしく見えるらしいので・・・持ちつ持たれつで、いい凸凹コンビなのかもしれない。

・・・サポートだけのはずが、まゆちゃんの猛アピールにあっていて、この調子でいくと私が表舞台に引きずり出されるのは時間の問題かもしれない、という話を課長にしたら、「収拾がつかなくなりそうだ・・・」と遠い目をされたのはここだけの話。


応援お願いします☆(ランキング投票です) Please click!!
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ


スポンサーサイト
【2008/12/16 23:26】 恋愛のこと | TB(0) | CM(0) |
<<歯がいた~い! | Home | 手作りせっけん #24 茶畑>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://loveflare.blog25.fc2.com/tb.php/408-ec1d0630
| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。