スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |
集団生活の難しさ?
ここ最近、ミニラの様子が気になる。
どこか表情に暗さがつきまとうようになっている。


秋口辺りから、随分「あと○個保育園に行ったら休み」とかを頻繁に確認するようになっていて、当初は「休みたいんだなぁ」「どこかに遊びに行きたいんだなぁ」「ママと一緒に居たいんだなぁ」と暢気に見ていたのだけれど、寒くなってからは行きたくない様子のぐずりが増え、登園時も私にまとわりついて泣きじゃくり・・・。

保育園でうまくいっていないのかな?と感じることが増えた。
-----
私自身、子供の頃は集団生活がダメで、勉強が好きだったから何とか不登校にならずに済んだものの、いつも輪に入れず一人で過ごしていた。ある時からは自分は一匹狼なのだと開き直ったから、よくいる「女王様とその取り巻き」からは疎ましがられていた事は言うまでも無い。私自身のプライドが高かったから、いじめに屈するなんて許せなかったし、人のご機嫌を伺う事も嫌だったし、頭を下げて混ぜてもらうことも嫌だった。たまたま嫌われる側にいたが、運によっては私が女王だったという状態であったので、今の私からすると一人でいたのは無駄に高いプライドを叩き崩すにはよかったのだと分析している。そんな中でも数こそ少ないが濃密な付き合いの友達はいたし、ありがたい事に数人は今でもまだ縁が続いていたりして・・・本当に友達は宝だ。


そんな風に私自身が楽しく集団生活を送れていなかったので、子供に対して楽しさをダイレクトに伝えてあげられない。勉強の楽しさとか友達と遊べる楽しさとかはまだ伝えようもあるのだけれど、楽しくなかったものを楽しく説明すること自体が難しい・・・。

前の日記でも書いたが、保育園にはちょっとした嫌がらせに当たるタイプの子がいる。どちらかというと誰彼かまわず女王っぷりを発揮しているようなのだけれど、3歳児ではまだグループの概念が無いようなのでぱっと見は平和に見えている。

相手にしなければいいのだけれど、ミニラは相当その子の言動行動が気になるようで・・・相手の子は物陰に隠れてミニラを見ながらぶつぶつと嫌味をたれているし、ミニラは私の足にしがみついて苦虫を噛み潰したような顔でその子を凝視。先生は見ている人数が人数なのでそういった細かいところまでサポートできない(目に見えて手を出したりすれば怒るけれど・・・)ので、気をつけないと親も巻き込んで負のスパイラルにはまりそうな様相だ。


同僚の子が通っている保育園では、誰かが不特定多数に嫌がらせをする→された子供が親にそれを報告→親子でその子を嫌な目で見る・・・といった流れで、嫌がらせをした子がいじめの標的にされるといった図式が成立してしまい、更に穏便に事を済ませたい先生が原因の子の行動を庇う(隠す)方向に向いてしまったため先生と保護者間の信頼関係も崩れ・・・といった、まさによくない例になってしまっているという話を聞いた。

親が子供のいさかいに口を出せば、簡単に人間関係は変わってしまう・・・そう思うと、どこまで静観していいのか非常に悩ましい。多分私がその子に対して何かを言えば先生達は目の色を変えて何かをしようとするだろうし、ミニラ自身もママに何とかしてもらうことを覚えてしまうだろう。


大村はま国語教室の名誉会長・大村はまさんのエピソードに出てくる「仏様の指」という話がある。抜粋すると

あるとき、仏様が道ばたに立っていらっしゃると、1人の男が荷物をいっぱいに積んだ車を引いて通りかかった。そこはたいへんなぬかるみであった。車はそのぬかるみにはまってしまい、男は懸命に引くけれども、車は動こうとしない。男は汗びっしょりになって苦しんでいる。仏様はしばらく男の様子を見ていらしたが、ちょっと指先で車にお触れになった。その瞬間、車はスッとぬかるみから抜けて、男は車を引いて行ってしまった。男は仏様の指の力にあずかったことを知らない。自分が努力して、ついに引きえたという自信と喜びで、その車を引いていった。



というお話だ。自分の努力で達成する喜びとそれによって得られる自信は、何物にも変えがたく生きる力を育てるものだと思う。親が子供に対して何かを手助けする時は、「仏様の指」のように本人が与り知らぬところでちょっとだけ力を貸してあげるのが大事なんだろうな・・・と。もちろん、これに至る前に直接教えておくことはたくさんあって、その後の自立の段階で最も活きることなのだとは思うのだけれど、3歳の人付き合いはどちらに当たるか? その答えはまだでない。

ミニラの為だけを思えば私は「今のところは静観しておくのがよし、自力でやってみなさい」と思うのだけれど、それは相手の子の為になるかしら・・・。多分その子がミニラのことを好きだということがわかるだけに、なんとなく、手を出してあげたくなる。話を聞いてあげたくなる。人懐っこい子であれば誰の親であってもなついてくるので話しやすいんだけど、その子は保育中も柵を作って一人で閉じこもって遊ぶタイプみたいなので、どうするのがいい手なのかがまだよく見えなくて手をこまねいている・・・。

ただ、来年度からは3歳児(4/1付けで3歳)クラスでみんなどんどんお兄さん・お姉さんになっていく。その過程で長い時間を現状のまま膠着させたままでいるのはいい結果に結びつかないと思うので、何よりも私自身がどこかで決断をして何かのアクションを起こさないといけないのかもしれないな。


保育園だけじゃなく、お休みの日にも友達と逢える環境を作ってあげることも大切かな・・・。学区の保育園に通うことも真剣に視野に入れて考えていこう。

081225_1.jpgそういえば、gremzがクリスマス仕様になっていたね。サンタさんが夜空を駆け抜けていた。記念に貼っておこうっと♪

それにしても、最近gremzの画像ばっかりだな・・・(苦笑)


応援お願いします☆(ランキング投票です) Please click!!
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ


スポンサーサイト
【2008/12/25 11:59】 子供のこと | TB(0) | CM(0) |
<<仕事納め | Home | MerryChristmas!>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://loveflare.blog25.fc2.com/tb.php/415-f68cb214
| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。