スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |
仕事納め
私は今日が仕事納め。今年も1年色々あったけれど、無事に年を越せることに感謝しつつ・・・笑顔で忙しい月末を乗り切った。

定時間際に「よいお年を!」と挨拶をしあって、帰路につく。

こういった人間らしい交流が不況のおかげ(何せ仕事に追われている時は挨拶をする余裕すらないのだから・・・)だとすると心中複雑ではあるが、職場に活気が出てきたのはうれしい限りだ。
-----
私がやっている仕事の1つは多くの社員の勤怠や伝票決済の月末締め代行であるので、とにかく月末は忙しい。多少の予定変更はあれど仕方がないとして数日前に締め依頼をくれる人もいるが、多くは本当の月末ぎりぎりまで締めを引っ張る。

私の前任であった女性は月末2~3日だけは残業をするのが通例になっていたらしいが、私の場合相当無理して早出をすることはできても残業は保育園が閉まってしまうので無理・・・ゆえに、普段の月末であれば「依頼が遅かったから間に合いません」と断って翌月頭に滑り込みで手続きをするのだが、さすがに年末にそれは避けたい。総務の締め自体は翌月第2営業日なので年を越しちゃっても問題はないのだけれど、気持ち的にはきれいさっぱり片付けて年を越したかった。・・・ので、いつも依頼が遅いところにはフォローを入れまくり、定時の2時間くらい前には全作業を終えることができた。相変わらず肩はバキバキで辛いけど、がんばったぜ。

この世界的な不況が来る前はいけいけどんどんで人(主に派遣さん)が増えていったのだけれど、不況の波が届いてからはあっという間に人が減った。のびしろがないと判断された派遣さんはどんどん契約を切られ、そうでない人でも仕事がまだある部所へ飛ばされてしまう(これは正社員も一緒だが)。今日も、他部所の手伝いという名目であるが帰ってくる予定は未定である人の梱包作業を手伝った。年明けすぐにもまた別の人の梱包手伝いをする予定になっている。

不況で仕事がないとわかっているからこそ異動の話が出ても断れない。あちこちの課で課長さんが派遣会社の幹部さんと打ち合わせをしているのを見て、「残業できるほどの仕事はありませんが・・・」なんて話も横耳に入り・・・そう考えると私は出世こそ望めないが異動の話もないし気楽だしで、恵まれた境遇にいるのだな、と思う。

こういう奴から切られるんだ・・・と自分自身を客観的に見て思うのだけれど、主任さんたちは口をそろえて「あづまさんは大丈夫。切られるのは俺たちが先だよ。」と言う。もとよりお金を生む予定がない社員だからこそ、それでいて誰かがやってくれると助かる仕事をまとめてやっているという価値があるから、長生きできる・・・そういう意味らしい。やっぱり心中は複雑だ。

まぁ、それでも課題を与えるのが大好きな今の課長からは「もっと『正社員がやるにふさわしい』付加価値をつけろ、じゃないとプラスの評価はできない」と事あるごとに言われているので、中間評価では「自分の立場をよく理解してやってくれている」と言われていようとも給料は下がり続けるのかもしれないけど・・・それでもね。今は自分ができることをやるだけだ。

誰しも一寸先は闇・・・それでも諦めなければできることは必ずある、そう信じている。逆風に吹かれた時こそが、その人の品格が問われる時だ。正気を保ち、自棄にならず・・・。そしてそういう大人の背中こそが子供を大きくするものだと、信じている。


応援お願いします☆(ランキング投票です) Please click!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

スポンサーサイト
【2008/12/26 20:58】 仕事のこと | TB(0) | CM(0) |
<<わ ざ と | Home | 集団生活の難しさ?>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://loveflare.blog25.fc2.com/tb.php/416-af409ae7
| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。