スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |
セクシャリティ・パートナー

もし

パートナーが望むことをかなえてあげられないのだったら。

我慢ではなく、嫌々ではなく、心の底から、自分に正直な気持ちで、同意できないのだったら。


相手が別のところで望みをかなえることを、認めてあげよう。


選択を尊重しよう。相手も、自分も。
-----
「自分に嘘をつかない・誠実な状態で、できる優しさとはなんだろう?」

ずっと考えていた。

私は性的なコミュニケーションが決して嫌いな方ではないのだが、彼氏は一向にやる気が起きないようで・・・「俺に問題があるから、ちょっと考えてみる」と言われはしたものの、その答えがいつ出るかもわからない。もう年単位でそういうコミュニケーションがうまくいっていないのである。待つのも待たれるのも、お互い楽じゃない。

彼氏のライフワークは音楽だ。けれど、最近うまく音楽をやる時間がとれないようで、そこが起点になり色んな事が悪循環しているのが見えた。我が家は2DK。そのうち1部屋は寝室なので、もう1部屋が居間兼子供部屋兼大人部屋である。当然、自分の集中を乱す要素は多い。しかもその上私から「家事は家にいる人全員の仕事だから」と、暗に「一緒に暮らすならちゃんと家事もするのがルール」と言われてしまっているので、自分の時間も家事に取られることが多い(無論私もそうである)。結果、まるで子供のように「やること(=家事)はやっているんだから、残りの時間は自分の好きなように使っていいでしょ」と私もミニラも放置で自分の世界に入りたがる。しかし団欒の時間に居間で一人の世界に入られては周囲はいい気分はしない。私は彼氏が音楽をやることはいいことだと思う。やれる形でやり続ければいいと思う。しかし、それは「音楽だけやっていていいよ」ということではないのである。このまま彼氏の悪循環が続けば、私が応援したいと思っている音楽そのものを私が嫌いになってしまいそうで、危機感を感じていた。


そして、それ以外も包括的にあれこれ考えて出した結論が、冒頭の「選択を尊重する」ということだった。前者でいえば「したくないと言う彼氏には求めないが、私はしたいので他の性的パートナーを探す」だったし、後者であれば「彼が音楽に集中できる空間を作る、同時に私やミニラもしたいことに集中できる空間を作る」(現実的には「彼が実家に帰る」か「一緒に広い家に引越す」となるのかな)だった。

過去の私だったら「合わないので別れる」という選択だっただろう。無理強いするくらいだったら別な人を探した方がいいと考えただろう。今回もそういう手も考えた。だけど、お互い不満があったってそれが「じゃあ別れる」というところには至らないふたり・・・ある程度のところでお互いパートナーとして認め合っているのだから、ちょっとした不一致で別れてしまうのも変な話である。それ以外のところはそれなりにうまくいっているのだから。

そして導き出した。「すべてをひとりの人に求めない」。すべてが自分の望むように振る舞える人なんかいない。もしいたら、その人は「自分を生きていない」ということだ。自分だって、相手の望むようには振る舞えないのだから・・・自分だけ求めるのもおかしい話だ。もちろん、うまくいかないときに話し合うのは大切なことで、ただ「どちらか我慢する」「双方我慢する」ことで心から、嘘をつかない状態で、「うまくいっている」のだろうか?・・・と考えた時に、「我慢する」のではなくて「認める」形に思考がシフトした。自分で補えないことがあったら、他の人に補ってもらえばいいじゃないか、と。自分が「私はしたくない」と思うのと、相手に「誰ともしないで」と強要するのは別問題なのだから。

極端なことをいえば、血の繋がらない大人3人以上で「家庭」を構成してもいいじゃないか、と思う。そしてそこにいる子供は血の繋がりに関わらず「その家にいる大人の子供」でいいじゃないか、と。もちろんそこにいる全員が嘘なくパートナーとして認め合えるのが前提だけど。


今日、出勤前の彼氏と話していて、私の提案のうちの前者の答えが出た。「他には探さないで。俺ができるように努力する。」だった。「私が他のパートナーと」よりも「彼氏が努力する」事の方が嘘なく、無理なくできた選択だったのだろう。私はその選択を尊重する。

そして「寂しい思いをさせてゴメン」、その言葉に、私の心の涙が、止まった。



こんな私たちなので、たぶん結婚はないだろうと思う。結婚にこだわらなくても、ちゃんとパートナーだもの。敢えて結婚する必要があれば(子供が法的に不利とかいう理由があれば)するかもしれないけど、今はまだなさそうだなぁ。もし彼との間に子供ができても、しないと思う。血の繋がりがなくても、法の繋がりがなくても、ちゃんと親子になれるのは彼氏とミニラを見ていればわかる。

もちろんこの選択は色んな事にぶつかるとは思う。でも、法がどうだの、外聞がどうだの・・・を理由に「できない」とするより、「どうすればできるか」と考えてbetter、bestな解を探して色々やってみる方が、ポジティブで私たちらしい・・・きっと。


応援お願いします☆(ランキング投票です) Please click!!
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ


スポンサーサイト
【2009/03/14 16:17】 恋愛のこと | TB(0) | CM(0) |
<<ビバ!外風呂!! | Home | ハツコイ。>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://loveflare.blog25.fc2.com/tb.php/472-0b38eb8f
| Home |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。